公園の外れの、少し丘になったところの木陰の

凸凹した石のベンチ、いや、転がした岩ころに座った。

朝遅くに、コンビニで新聞とビールを買って。

天蓋大きく枝を広げる樹木には名札が巻いてあって「エノキ」とある。

ニレ科。

小振りな無数なす葉につぶつぶが付いている。

ばらまかれた木漏れ日が生い茂る足もとの雑草に降り注いで酔狂の視覚を撹乱する。

風が止んで震えていた草むらが静止するととたんにレイヤー入れ替わるのが各所緻密均等に分布する無数の蟻のブラウンウォーク。地面のそこら全体で一斉に蠢くのであたまがぐらぐらする。

風が吹いた。

足首が痒いのは草の先が触れるから。

膝に畳んでおいた新聞記事の上を這い登った一匹の蟻が彷徨っている。