足もと溜まるコールタール

溶けるアスファルト

暗雲垂れる雨だれくも膜下

熊乗る樽転がるガードレール

剥がれモルタル落下タイル砕ける

螺旋に登る階段蛇のメダル

天空の眼窩大地溢れる

涙累々と枝分かれ伝う筋となれ

雨粒ガラスを這う粉々にひかり稲光

曇り煙る濁る絵具だまり黙る破れる

袋からレモンリンゴオレンジキウイパイナップルスイカレモンアプリコットメロンメロンメロン・・・

 

 

 

 

 

 

蜘蛛や蠅みたく文脈を彷徨う

言葉をミルで挽いて

砕けた文字に湯をかける

獣の摂食した未消化のそれを洗浄し乾燥し焙煎したもの

 

 

 

 

知らぬうち窓の外は煙っていて

雨音不意にノイズと化す

波のように意識の外から外へと

皴になる

 

外気の影響を受けほんのりと

湿気た床のうえ

歩くわたしは平行に

 

雷鳴が空間を切り取って浮かせる

折り鶴のようにして待つ

到来を