最近のポピュラーミュージックをフォローしているわけでもない。

わからない。わからないけれど。

妻に勧められて「●スの●み●め。」というバンドの曲を聴いた。

そうしていくつかの曲にはまってしまってここ2、3日寝る前にずっと聴いていた。

 

知らない人がいないくらいすでにとてもとても評価されているようだから、ここに自分が記す必要のあることは全くないだろうけれど。メモ。

リズム陣を中心としたファンクの感じを交えたプログレっぽさ確かにすばらしく心地よい。

キーボードのオーケストラで楽曲の響きにとても厚みがある。

多分この厚みは詞と節がぴったり一致してそれが曲の構造の核になっていることからもくる。

詞と節がそれぞれ別平面でレイヤーのように重なるだけでは平板なものになってしまう。

謡曲であることはとても大事で、そのことで楽曲だけの話では終わらなくなる。

技術が発達して仮想の音空間でいくらでもなんでも操作できるのかもしれないけれど、

詞と節がきちんと踊れないと空間は生まれない。   

詞と節は水晶の構造のようにその空間が壊れるときの亀裂・ヒビでもある構造。 

その時間上での進行によってその他の音のための空間を整然と切り開く。

CGのようにきちんとしたパースペクティブでどこまでも広々とした。のびのびとした。

そこへ各種のありとある物語、感情が、意味が、ひねくれながら流れ込む。

大量に流れ込む。落ち込む。

 

ところで、ずっといろいろな音楽を聴いてきたけれど。

最近まで読んでた「わたしたちの到来」のことも思いながら。

確率的なスマートな私は、完全に尊厳から乖離して怒りも悲しみも

いったいどこであるのやら摩訶不思議な孤独の中、利他と自我の

切り売りトレードオフで解かれて解散してしまいそう

前に、浦島太郎を上げながら文学のたたかい、物語のたたかいと

書いたけれど。イヤホンぶら下げながらこの一瞬にだけここに

なにかが住むと思った。

通学の電車でもウォークマンでイヤホンぶら下げてた。昔々。

 

繰り返すと、「わすれないで」よ・・・ といった詠唱に聞こえてくる。メタ感情メタメタ感情感情

ある感情に対する詠唱。感情についての感情。

「思い出して」よ・・・ 

 

この一瞬とは、イヤホンから流れ込むものとそれを受け止めるものの一瞬のこと。

音楽を聴いてるとき、何かが起きてる。何が起きているかということ。

私があって、音楽がある。イヤホンをつけた私は切り取られて部分になる。

部分に対する全体は実は存在しない。仮構のもの。

それではその部分は何してるか。

実在しない私を現実化してる。ツールとしての私ではなくて

実在としての私。そのとき私というのは、この私ではなくて

この私ということを可能とする私性のようなもの。

花によってはじめて現実化する花言葉としての情動のように。

この私だけでは私性を現実化できない。

言葉を覚えはじめた子どもが、ある情感をことばに置き換える。

そのときその情感はことばとは全く別物の個別の情感であるはずで

つまりその情感は「ある」けれど、現実化されていないはず。

逆に喃語が徐々に言葉へ生成されていくときに何が起こっているか。

情感も生成されている。

音楽はそんな風にしてこの私の私性をその都度現実化する。

生の手触りのありかを示す。

 

この私が解散しても私性は残る。私性が残っている限りこの私は

いつも蘇ることができる。