黄金週間が終わる。

ポーの黄金虫読みかけ。

この話もスフィンクスも虫を見て

別の物を見る話。比喩でも換喩でもない。

擬態と環世界。

こないだからスフィンクスのところでは

どうしてもjudas priestの「背徳の掟」のジャケットの絵を想起してしまう。

児童のころ読んだときは、

(「黒猫」は怖くてびびった。語り手を信用していいのか悪いのかとても混乱した。物語から疎外されたはじめての経験だったかも。)

暗号解読のあたりはあまり夢中になれなかった。キッドの宝の発見がクライマックスだった。

 

 

GWの成果として

全然知らなかったけれど

black midiというバンドのslowという曲の動画が気になった。

あと聴いてたのはsons of kemet(the comet is comingも)。

tiny desk concertではc.tanganaと仲間たちがとてもすてきだった。

西語。ビザールラブトライアングルにはドキッとした。

後列の女性のコーラスが入ってくるあたりは二重にエキゾチックでぞわっとした。

基本的に現実逃避したい。晩にolibvar hoを聴いたりもしてた。

 

グリーンバーグスペイン語話せたかな?

はらわたリアリズム

comet ブランキ「天体の永遠」

 

 

GW終わるなあ

雨が降るなあ

夏がきて秋になるなあ

冬になって春がきてまた夏になって 

秋になるなあ

 

 

薄暗い台所のシンクにも辛うじて西日が差す。

水を張った洗い桶の中で、コップや小皿が煌めいている。

さっき、コーヒーをいれたとき、それを見た。

あとで、洗わないとだな、と思った。

尿意は高まるけれど、面倒だ。我慢してコーヒー飲もう。