利き腕でない方の手で

問診を書く。

一文字一文字のために

肘や肩、腰が捩じくれる。

畝る。揺らぐ。

文字も捩じくれる、畝る、揺らぐ。

 

撮影台の上で腕まくりをして

手のひらを返すよう求められた。

台の上の十字の線が交わるところに

被写体を、患部を置く。

手はとてつもなく重い。恐怖。

呻き、喘ぎ、

超スローモーションで。

肘や肩をひねくらせて腰を浮かせて

回避しようとしたけれど空しく

超の付く激痛が、線の交差する一点に穿たれた。

そのまま静止との指示。

脂汗 

撮影

結果 

折れてた。

罅が2箇所に渡っていて

三角州のように分離した骨もある。

どうりで痛いわけだった。