台座の上のことば

どんなふうにしている皿の上で

ことばたちは

 

19世紀末にはいろいろなことばが

生まれて

わたしたちもうまれて

双方

つまり

ことばもわたしもわたしたちも同じく

獲得することと生きることが

同じことだった

(からだとか)  

 

たぶん戦前までは

 

戦後はどこか

口語も文語も方言も

消費されることのほうへ

向かってしまって

まだ情報化社会とでもいうのだろうか泡沫のことについては

語るのは難しい

いまは

 

ところで戦前は思っていたよりも

いたるところでことばが

ウィルスのように人を介して

それじたいで生成していたみたい

(毒としてのモダニズム) 

台座の上で

その台座

 

詩誌というもの

戦後のまなざしからは掻き消えてしまった

詩誌の誌上の台座としての機能

見えない機能を

古層を浚って発掘したい

 

戦後の詩と戦前の詩は異なる

ベンヤミンヘルダーリン論にあるような

作られものとしてのことば

まなざしの中での生成渦中

台座の上で

かつては遅延があった

誌上に遅延があった

そのための台座があった

 

遅延や生成の台座を喪失した

衛生による措置が滅菌が

誌上に施されて

戦後は消費されるだけの

ページがページがページが

舌が舌が舌が

 

戦前の誌上のことばにはきちんとした

距離を持って接したい

見えない台座はどのようなものだったのか

感じたい

とても

いま

 

 

一九三〇年代モダニズム詩集 みずのわ出版 を読んだ。

今度、遅ればせながら「日曜日の散歩者」を観る。

 

 

ところで話は飛ぶけれど

早々に電脳空間で大空襲が起きて

私たちも電子の焼け野原のうえで

バラックを立てることになるのではないか

 

そのようなとき紡がれるようなことばを夢想する