インターネットで

京都精華大学紀要 第三十八号

フロイトのメディア選好とテレパシー

平田和久さんというかたの論文

以下読みながらのメモ

 

 

距離とは、別離、死、メディア、身体の延長をひっくるめたもの

距離なき距離、場なき場としてのアンフラマンス

絵画

 

 

世界同時多発同時性

 

 

「絶対的な情報の伝達速度と伝達確度を持つメディア」

にさらされる我々・情報・身体とは何か?何ものか?

 

転移と伝達とは異なる

転移はひとつの情動(観念や興奮状態や意志衝動)が複数の媒体で同時に起きること。

伝達は、あるものが媒体から媒体へ媒体(メディア・記号)を通じて移され(発信・受信)ること。

・・・オリジナルのふるまいかた(事後?)

 

 

中盤は飛ばし読み。死の欲動については難しい。

 

情動が、事後に生成するのであれば、

絶対的な情報の伝達速度と伝達確度のもと

(事後のズレ・ズレの事後の発生しない)では

抑圧はどこへいくのかな。

「喩え」が無効になるとはこのことでもあるのでは・・・

 

あ、

そうか

みんな流れになって消える