2022-05-28から1日間の記事一覧

身体という限界 というか私という限界 限界は防衛されていて そのことによってかろうじてあった 砂のようなまばらな痕跡がわたしたちを靄のように 囲繞して守って繭のように その中でようやく意識が目を覚ます そこに見つけるため 新たにいつも見つけるため…

光あれ などと言ってひろがる これはまだ空間ではなくて そこに現れる煙、靄、色の塊 音、意識、物、なんでもいいやすべて抵抗 抵抗は痕跡 なぜか抵抗がある それは光に飲み込まれないように守るため 消えてしまわないように それははじまりでも終わりでもな…