最近のポピュラーミュージックをフォローしているわけでもない。

わからない。わからないけれど。

妻に勧められて「●スの●み●め。」というバンドの曲を聴いた。

そうしていくつかの曲にはまってしまってここ2、3日寝る前にずっと聴いていた。

 

知らない人がいないくらいすでにとてもとても評価されているようだから、ここに自分が記す必要のあることは全くないだろうけれど。メモ。

リズム陣を中心としたファンクの感じを交えたプログレっぽさ確かにすばらしく心地よい。

キーボードのオーケストラで楽曲の響きにとても厚みがある。

多分この厚みは詞と節がぴったり一致してそれが曲の構造の核になっていることからもくる。

詞と節がそれぞれ別平面でレイヤーのように重なるだけでは平板なものになってしまう。

謡曲であることはとても大事で、そのことで楽曲だけの話では終わらなくなる。

技術が発達して仮想の音空間でいくらでもなんでも操作できるのかもしれないけれど、

詞と節がきちんと踊れないと空間は生まれない。   

詞と節は水晶の構造のようにその空間が壊れるときの亀裂・ヒビでもある構造。 

その時間上での進行によってその他の音のための空間を整然と切り開く。

CGのようにきちんとしたパースペクティブでどこまでも広々とした。のびのびとした。

そこへ各種のありとある物語、感情が、意味が、ひねくれながら流れ込む。

大量に流れ込む。落ち込む。

 

ところで、ずっといろいろな音楽を聴いてきたけれど。

最近まで読んでた「わたしたちの到来」のことも思いながら。

確率的なスマートな私は、完全に尊厳から乖離して怒りも悲しみも

いったいどこであるのやら摩訶不思議な孤独の中、利他と自我の

切り売りトレードオフで解かれて解散してしまいそう

前に、浦島太郎を上げながら文学のたたかい、物語のたたかいと

書いたけれど。イヤホンぶら下げながらこの一瞬にだけここに

なにかが住むと思った。

通学の電車でもウォークマンでイヤホンぶら下げてた。昔々。

 

繰り返すと、「わすれないで」よ・・・ といった詠唱に聞こえてくる。メタ感情メタメタ感情感情

ある感情に対する詠唱。感情についての感情。

「思い出して」よ・・・ 

 

この一瞬とは、イヤホンから流れ込むものとそれを受け止めるものの一瞬のこと。

音楽を聴いてるとき、何かが起きてる。何が起きているかということ。

私があって、音楽がある。イヤホンをつけた私は切り取られて部分になる。

部分に対する全体は実は存在しない。仮構のもの。

それではその部分は何してるか。

実在しない私を現実化してる。ツールとしての私ではなくて

実在としての私。そのとき私というのは、この私ではなくて

この私ということを可能とする私性のようなもの。

花によってはじめて現実化する花言葉としての情動のように。

この私だけでは私性を現実化できない。

言葉を覚えはじめた子どもが、ある情感をことばに置き換える。

そのときその情感はことばとは全く別物の個別の情感であるはずで

つまりその情感は「ある」けれど、現実化されていないはず。

逆に喃語が徐々に言葉へ生成されていくときに何が起こっているか。

情感も生成されている。

音楽はそんな風にしてこの私の私性をその都度現実化する。

生の手触りのありかを示す。

 

この私が解散しても私性は残る。私性が残っている限りこの私は

いつも蘇ることができる。  

 

 

  

       

通勤電車で繰り返しマリ=ジョゼ・モンザン「われわれ人間を誕生させるイメージ」を読んでいて、ディアファネースについての「「可視的なものそれ自体がもつ不可視で名前のない条件」」「「ところで、それ自身によって存在するものは言葉の仕業によってそうなるのではなく、即自的に可視性の原因を含んでいるからである。」」「イメージから立ち上がる声が与えようとするものを待つ、匿名の《ロゴス》の沈黙」…といったあたりを頭に馴染ませていると、ふとベンヤミンの「言語一般・・・」を思い出して本棚からぼろぼろのちくま文庫を取り出して持ち出した。電車で、つっ立って、隅々まで頭蓋が透明になりそうな強度ではじけ飛びそうになりながら読み始めている。泣きそうになる。叫びそうになる。

 

 

 

 

 

 

利き腕の右腕を骨折して病院ではじめに左手で問診表に「右腕骨折」と記入したとき。

小さな解答欄のハコに小さく文字を納めるために、慣れない(容量超過)指先から意図は派生して連鎖するそれを補う掌、手首、腕、肘、肩、首、腰までをくねらせながら所作を治めた。書くという所作を。

いまさっき、湯を張った鍋の中で踊る麺(スパゲティ)を見ていて改めてそのことを思い出していた。

ボールペンのペン先から肘肩腰を経由して足の親指の先までひとすじのものとなってまるで全身が文字に振り回されていたようなそのときを。

書くことというだけでなく、なにか加えてべつのことまでもしていたような記憶の感触がある。踊りとまでは言えないけれど。

 

 

 

 

 

ウィキペディアによると「ダークファンタジー・バトル漫画」とある。突然はまってしまって、アニメでフォローできなかった以後の話を単行本で買い揃えた。8巻から最新刊まで。

鬼ではなく呪い。だからヒューマニティよりより不完全な情感や感情について。人間の部分。

理性・尊厳と本能・呪いの概念対は面白いと思った(15巻)。

魁●塾もB●EA●Hも読んでいないのでわからないけれど、少年ジャンプは、バトル漫画において、歌舞伎や能のような型をミームとしようとしている。花言葉の花と言葉の関係のように、少年ジャンプは、少年読者(老若男女にとっての)を塑像し定義しようとしている。そこにおいて、作品の特異性が転がり出る。

マーク・フィッシャーの「わが人生の幽霊たち」の挿絵が印象的だった。呪●●戦では、9巻あたりから巻頭頁に呪われた今の今の今のアジェのような挿絵が差しはさまれている。互いに彷彿する。苦い毒のような味がしそうな光景。錆びた金属を舐めたときのような。

今週、日●新聞では、1面で「グ●ー●・リ●ッ●」との用語を冠する特集が3日に渡って連載された。いずれもその用語は定義は抜きで、救済の呪文のようにして文末に現れ出る。とてつもない違和感を感じた。日●新聞。

 

 

中井久夫さんは、どこかで、フーコーについて書いていた。最近「狂気の歴史」をきちんと購入して読み始めたら、なんとなくそのことを思い出した。

明晰の代償のようなもの。 

それを含みおいて、ということもある。含みおく。なんのためにか。

 

 

推奨されてはいないしするつもりもないけれど、酔っぱらった晩に、酔い覚ましにと家を出た。散歩。近所の市民グラウンドのベンチで買ったビールを飲んだ。暗闇を睨みつつ。

なんとなくそのときにコンビニのレジカウンターにあった少年ジャンプも購入していたのだった。

翌朝読んで、呪●廻●に魅かれた。 

 

 

 

たぶん、まともに考えを進めたらだめなのだろうけれど、

考えは潰えるのだろうけれど、

以下のような考えが思い浮かんだ。

ちょうど、未来の戦争についての最近翻訳出版されたという本の書評を読んでいたときに。

 

今、現在に書き記すなんらかのコト・モノによって、未来の起こるべく戦争が抑止される、というもの。

いろいろとシミュレーションされている、それ(戦争機械のようなもの?)が将来、今、現在に書き記されるあるコト・モノを自動遡及して、機能停止する、そういったイメージ。

 

書評されていた未来の戦争は、あらゆる立場の人たちに脅威で、AIに操作された超小型の殺人兵器などは、少し想像するだけで怖い。

別途「モーセ一神教」の解説を読んでいるところなのだけれど。なにか関係あるかな。

 

未来?という先へのフットボール

ゴールに形はない。

don cherry の om shanti  om せつないね。

 

よく考えると、未来の戦争に暴力が見えない(血や鉄と肉片や瓦礫、叫びや絶望)。

やっぱり戦争とヒトとは別次元のモノだったのだな。なぜヒトのいる世界でシステムどうしの齟齬が生じてヒトに犠牲が出るのか。

よくわからない。 

ひっそりと何かを確実に失っていくということでは、もうすでに渦中にいるのかな。 

スマートフォンとスマートウォーは同じ暴力。

「怒り」よ。

 

 

 

 

 

 

 

パンカジ・ミシュラの『怒りの時代』を新聞書評で知った。

『アジア再興』夢中になって読んだのを思い出した。これも読みたい。

 

読んだ当時『アジア再興』より抜粋してメモしていたもの

「白人は、自分たちが背負う重荷を意識しつつ、世界を永久に変えた。世界の多様性を自分たちだけの視点に従属させ、その過程において、外国の土地と人びととの出会いはもしかすると豊穣な経験なのに、それを近代西洋政治、経済、文化の揺るぎなき優越性を披露する一人自慢に矮小化した。西洋は、自分たちの思想を世界の隅々へ巧妙に輸出しながら、現地人の自信を打ち壊し、政治的、経済的、社会的荒廃を引き起こしたが、その荒廃は近代性だけでは決して治癒できない。」

モダニズムの理念は・・・と読み替えたい気がしてしまうけれどどうだろう。

我々という他者、我々の内なる他者もその理念の眼差しから照射されたものだとしたら。

資本主義について語る消費者のように、予め組み込まれた内からしか語ることができない。 

そのときを、その時代を憂う「言葉」を持っていた者とそうでない者とのことが気になっていた。表層に現れない折衷の細やかな襞。自分としてはもっと同一性と差異について考えたいような、といったようなこともメモしていた。差異を語る言葉。 

怒りが同一性に回収されないことを望む。「いかり」が差異のとんでもない煌めき、今・ここの手触りと一致するくらいに強度を持つこと。 

ただ、「近代性だけでは治癒できない。」たぶんこれは確かだし

「怒り」や損なわれた「尊厳」の系譜を拾い集めるのは、(全く上手く例えられていないけれど)

琵琶法師のようにするしかないのだろうか。『アジア再興』はそんなふうにしても読んでいた。 

 

 

全然関係ないけど、他にもこんなメモがあった。たぶん2019年。 

朝日書評より抜粋(孫引き?)

 

9月14日

「緋の河」著者:桜木紫乃 評者:斎藤美奈子

・・・「お前が過ごした中学校三年間は戦後民主主義の輪郭だと思ってる。自分のかたちは自分で決めるという主体性の切っ先に、お前がいるんじゃないかと思う。」中学の担任教師の言葉である。・・・

カルーセル麻紀をモデルにした小説とのこと。

 

8月24日

『「他者」の起源』著者:トニ・モリスン 評者:西崎文子

・・・講演は、ギニア人作家カマラ・レイの小説『王の輝き』で結ばれる。アフリカに漂着したヨーロッパ人の男が、紆余曲折の末、文化的鎧を捨て、裸になって王に近づいていく。そこで耳にするのは「お前を待っていたのを知らなかったのか?」という言葉。・・・

 

 

 

1人の怒りのエージェントと同じ1人の哀しみのエージェントが

別物であることもあるかな。

それとも怒りと哀しみは分けられないか。 

昔、酔っぱらって、深夜、ぼんやりとしていて、

つけっぱなしのテレビでは能楽がやっていて、

あとで調べると「屋島」だった。

演目では、義経の亡霊が合戦を再現する。反復する。

屋島を反復する。出来事の亡霊と化す。

モレルの発明のように。